スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅川マキさん、ありがとう。

こんな風に過ぎて行くのなら

かもめ

タイトルは?
スポンサーサイト

安彦良和著『虹色のトロツキー』

11日夕方、近くの駅のY隣堂に行ったら、マンガではなく「日本の歴史」のコーナーになぜか、中公文庫版『虹色のトロツキー』が1~8巻、きちんと並んでいました。
奥付を見たら、別に最近のものでもないし、「なぜだろう?」と思って帰ってきたら、鳩山首相が、買った書籍の中に入っていたのね。で、あわてて在庫を引っ張り出してきて、オジサンが買いやすい「歴史本」のコーナーにおいたんでしょうね。
安彦さん、苦笑いしているだろうな?
虹色のトロツキー (2) (中公文庫―コミック版)虹色のトロツキー (2) (中公文庫―コミック版)
(2000/03)
安彦 良和

商品詳細を見る


他の本屋さんでも、鳩山さんの購入本をあわてて並べているんでしょうか?

マンガ『ペルセポリス』が、過去10年の名著ベスト2に堂々ランク・イン

と、いうのはイギリスのの保守系高級紙『ザ・タイムズ』が昨年11月に発表した「過去10年間のベスト100冊の名著」、での話。
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/books/book_reviews/article6914181.ece?token=null&offset=192&page=17



1位は、アメリカ合衆国の作家によるSF的設定の小説『ザ・ロード』、3位は『マイ・ドリーム ~バラク・オバマ自伝』というオールジャンルの中での堂々2位のコミック(グラフィック・ノベル=マンガ)のチャート・インだからたいしたものです。
『ペルセポリス』といえば、イランにおけるイラン・イラク戦争や、ホメイニ革命の反動的変質と自由主義者、社会主義者の弾圧・虐殺、といった政治的悲劇とその中でもたくましく生き抜いていくイラン人少女を描いたマルジャン・サトラピの自伝的作品。



未読の方にはぜひ、お薦めの作品です。
ペルセポリスI イランの少女マルジペルセポリスI イランの少女マルジ
(2005/06/13)
マルジャン・サトラピ

商品詳細を見る



日本の保守系大新聞『読売新聞』や『産経新聞』が「過去10年間のベスト100冊の名著」をオール・ジャンルから選ぶとして、例えば戦争の悲劇とその中での人々の生き方を描いたマンガ『夕凪の街 桜の国』を ベスト10の中に選ぶようなことがあるでしょうか?

平岡正明死す

まいったなあ。
この間、太田龍将軍の「お別れの会」で、足立正生監督と初めて、親しく話させてもらったばかりだった。
平岡さんとは、30年あまり前に一度電話で話しただけだった。
最後にお見かけしたのは、数年前テアトル新宿で『ヨコハマメリー』の上映時のトークショーに氏が出演された時のこと。
何となく声をかけそびれたけれど、今思えば挨拶しておけば良かった。
『ジャズより他に神はなし』でまだ10代だった私の文章(ジャズとロックについての音楽論)を褒め、かつ叱ってもらったのは、うれしかったけれど、結局私は文筆、評論の道には、進みませんでした。
すみません。そして、サヨナラ。

『すんドめ』1~6巻全部読んでしまいました。

すんドめ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)すんドめ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
(2006/11/20)
岡田 和人

商品詳細を見る


いや、スゴイ。岡田和人という作家はエロマンガ家としては、山本直樹以来の逸材かもしんない。
ファンの多くが書いているように谷崎潤一郎の影響(?)は感じるけれど。
私もすぐに『春琴抄』を連想しました。
エロス(生)とタナトス(死)が、これでもか、と、現代の高校生の「リアル!」な青春の中に書き込まれていて絶句するのみ。
50代後半の私がこの作品の1巻目を買う時は、さすがにカウンターで恥ずかしかったけれど、結局6巻目まで買ってしまいました。
有隣堂としては小ぶりのあの店で、数少ない平積み展開しているコミックなんで、やっぱり凄く売れているんでしょうな。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。