スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平岡正明死す

まいったなあ。
この間、太田龍将軍の「お別れの会」で、足立正生監督と初めて、親しく話させてもらったばかりだった。
平岡さんとは、30年あまり前に一度電話で話しただけだった。
最後にお見かけしたのは、数年前テアトル新宿で『ヨコハマメリー』の上映時のトークショーに氏が出演された時のこと。
何となく声をかけそびれたけれど、今思えば挨拶しておけば良かった。
『ジャズより他に神はなし』でまだ10代だった私の文章(ジャズとロックについての音楽論)を褒め、かつ叱ってもらったのは、うれしかったけれど、結局私は文筆、評論の道には、進みませんでした。
すみません。そして、サヨナラ。
スポンサーサイト

太田 竜 将軍を悼む

「将軍」太田 竜氏が5月19日に亡くなったと、今夕、知りました。享年78歳。私より約20歳年上だったんですね。

1969年の夏、すでにあなたは、ジャッキー・チェンに酔拳を教える老師のようにひょうひょうとした風格(?)をただよわせていました。

当時高校生だった私が、直接、あなたにものを教わったのは、法政大学のバリケードの中で、2度ほどだったかと、思いますが。

でも、当時から、社会主義国家も含め、一切の国家、党派、組織を盲信するな、己自身を信じてこの世を生きろ、ということを私はあなたから学びました。

いいことの少ない私の人生ではありましたが、あなたに会えたこと、あなたに教えてもらう機会を得たことは幸せでした。
今も、これからも、あなたの教えを心の隅に秘めて生きていきたいと思います。

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。