スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マイ・バック・ページ』の映画化

川本三郎の書いた『マイ・バック・ページ』を、鬼才と言われる、山下敦弘監督が次回作として取り上げているっていうけれど・・・
どこまで、進んでいるんでしょうか?
物語のネタになる事件が実際に起きたのは1969年から1972年までの間のこと。
それを1976年生まれの監督が撮るってどんな感じなんでしょ?
私の場合山下監督の作品は『リアリズムの宿』のごく一部を見たくらいでしか無いのでチョッピリ不安です。
まあ、川本氏が、映画化権を渡したんだから、基本的には楽しみにしていていいんでしょうけれど。
はい、楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社会派コミックの秀作 『彼らの犯罪』(樹村みのり著)

朝日新聞出版から、樹村みのりの短編集『彼らの犯罪』が発行された。 1990年代初期の社会派作品を主に収録してある貴重なコミックスである。 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。